予備校の寮は受験生にとって最適の生活場所

寮に入るにはそれなりの費用は掛かりますが合格の可能性も高まる

また各部屋には机やベッド、エアコン、冷蔵庫なども完備されている場合がほとんどので、自分の体とテキストや筆記用具だけあればすぐにでも生活ができます。
設備の良いところはトレーニングルームなどもあり、勉強で疲れた体を運動でリフレッシュさせるような工夫もされています。
さらに管理人が常駐するなど管理体制も整っているので、保護者も安心して子供を送り出すことできます。
寮に入るにはそれなりの費用は掛かりますが、それでも保護者も安心でき、生徒も通学のストレスなく勉強ができる環境の中で集中して勉強ができるので、効率もアップし、志望校の合格の可能性も高まるのです。
学校近くに賃貸住宅を借りて、一人暮らしをするとどうでしょうか。
近いので通学に時間を獲られることも交通費がかかることもありません。
しかし賃貸住宅の契約時の費用、家賃、光熱費、生活費、それに家具や家電を運ぶための引っ越し費用も掛かってきます。
それらの代金は寮費よりも高くなりがちで、そのうえ食事も自分で用意しなければいけません。
自分一人の食事だとコンビニで買ってきたものや外食などになりがちで、食費が予想以上にかかることもあります。
また栄養も偏ってしまうので、体調管理がしっかりできる可能性も低くなってしまうのです。

むかつくけど必修8割は取れてるからもう予備校行かない👦
車校も通えない奴が朝9時から予備校に通うなんて不可能だからです。
さよなら。
👋 pic.twitter.com/wRkcaB2Q11

— おけぴ👼 (@__no_angel__) 2019年7月5日

集中して勉強ができる環境と体調管理をしっかりすることも重要寮に入るにはそれなりの費用は掛かりますが合格の可能性も高まる大手予備校が用意している寮なら、集中して勉強ができる環境である

予備校朝日新聞デジタル